エマとシドニー

ポジティブに、ストレスフリーな生活を目標としているブログ

宿題をさせたい私 VS 宿題をしたくない息子

f:id:sydney_emma:20190417131514j:plain

引っ越しを機に始まった宿題バトル

海外への引っ越しは、子供に相当なストレスを与えてしまったようで、息子は英語が嫌いになってしまった。

 

私の旦那は日本語を話さないので、子供は産まれた時から、旦那と英語で会話をしているので、英語は話せる。しかし、学校での英語の勉強は、息子に大きなストレスだったみたい。

 

次第に宿題をしなくなった息子に、とりあえず、宿題は出せばいい。

今まで、日本の小学校に行っていたんだから、みんなより英語が遅れているのは仕方ないこと。先生もわかってくれてるから。

 

そう励ましていたが、それでも変わらず、 結局私は無理やり宿題をやらせるようになってしまった。

 

そして息子は全力で抵抗。毎日、泣かずに勉強させることが、私の日課になっていた。

 

どうして良いのかわからなくなった

とにかく勉強をすることを拒否する息子。 宿題のせいで、親子関係が悪くなる直前。

 

悩んだ末に、クラスで一番頭がいい子のお母さんにアドバイスを求めた。

ちなみに6年生のお姉ちゃんもいて、姉弟で表彰の常連。そんな優秀な子を持つ、息子の友達のお母さんに聞いてみた。

 

宿題って進んでやるの?嫌がらない?

 

彼女の答えは、子供に何も言わなくても勝手に宿題をやっていると。

 

だよね。勉強好きならそりゃ頭も良くなるわ。

 

あまり参考にならないかもしれないけど・・・、と彼女が付け加えてこういった。

 

うちは学習机がリビングにあってその隣にはテレビがあるの。子供たちはテレビをみながら勉強してるのよ。

 

テレビを見ながらやったら、手が止まらない?集中できるの?と聞くと

 

手が止まってる時もあるけどやってるよ。

 

なんだろう、このモヤモヤ。笑

 

彼女は子供に勉強させたことはなく、子供は分からなかった時だけ、聞いてくるらしい。

 

宿題をやりたくなかったらしなくてもいいんじゃない?とまで言ってきた。

 

そうきたか・・・

  

彼女は子供に勉強をさせるよりも、教会や老人ホームでボランティアをさせたり、道でバイオリンを弾かせ、通行人からチップをもらい、そのお金を寄付したりすることを優先させていた。

 

宿題をさせることに執着しすぎてしまった自分

英語が遅れていると学校で息子がかわいそう、と勝手に思い込み、無理やり私の理想を押し付けていた自分を反省。

 

余計なお節介とはこういうことか。

親の都合で海外に連れて来て、子供の気持ちは全く考えていなかった。

 

そりゃ、環境変わって大変なのに、もっとやれやれ言われて、ムカつくわ。

ごめんよ、息子。

 

その日から、できる範囲で実践することにした。

 

  • 宿題しなさいとは絶対に言わない。
  • 宿題は何時に始める?と言うようにする
  • 宿題のチェックはしない。本人が終わたと言ったら、そこで終了。
  • 怒らない。
  • 宿題しなかったら〇〇してあげないよ、と脅さない。
  • テレビをみながらの宿題を許可する。
  • 宿題しなくても別にいい。それは本人の問題。
  • 息子が先生に怒られても私の問題ではない。

 

とりあえずやってみた。

もう一生勉強しなくなっちゃってもいい!という気持ちで試してみた。

 

結果

なぜが効いた・・・

 

今では、パソコン使いたいから算数1ページしたら使っていい?

と息子から条件を出して自ら勉強をやるようになった、しかも毎日。

 

そして毎日、宿題以外にも勉強するようになった。私のストレスはなくなり、宿題バトルは終わった。 

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ

www.sydney-emma.com

 

www.sydney-emma.com

 

www.sydney-emma.com

 

www.sydney-emma.com