エマとシドニー

ストレスフリーに、ポジティブに。

辛くならないためには

週末から家族で休暇を取っていて、

さっき戻って来た。

 

シドニーに住んでから、旅行に行く機会が増えた。

 

そこそこ子供が大きくなって、行きやすくなったのが大きな理由。

  

f:id:sydney_emma:20190424191611j:plain

 

私達がよく旅行に行くので

義姉が、せっかくなら家族みんなで行こう。誘って来るようになった。

 

義姉家族と義母と私達合わせると

全員で9人。

 

子供達は喜んだが、私も旦那も大人数での旅行は苦手だ。

 

しかし子供達は、みんなで行ったら楽しいじゃん。と賛成の様子。

 

私達夫婦は

 

旅行=休暇

 

旅行中はストレスなく楽しみたい

 

という考えを持っている。

 

旦那も姉家族と旅行に行きたくない、と言っている。

 

人数が多いと

泊まる場所、レストランなど

人数が多い分、

意見も多く決めるのも大変だ。

 

義姉に言った。

 

私は大人数での旅行は苦手で

家族でも、行きたいとは思っていない。

 

毎回言われても期待に応える事は

出来ない。

 

しかし、今回の旅行中に

義姉から旦那にメールが来たらしい。

 

詳しい内容は知らないが、

次回は一緒に行きたい。と言っているらしい。

 

f:id:sydney_emma:20190424191612j:plain

 

義姉が誘う理由はおそらく、

 

旅行に行くきっかけが欲しいのかと思われる。

 

自分じゃ行かないけど、みんなが行くなら、行こうかな。

 

というような感じだろう。

 

旦那は、姉から何度も誘われるので、

次回はみんなで行く?と言い出した。

 

一緒に行ったら絶対にストレスが溜まるのが、目に見えている。

 

子供達も一緒に行きたい

とは言っているが、

一緒に行ってイライラして結局後悔するのが分かっている。

 

義理の家族の問題は結婚後の

永遠のテーマだろう。

 

誰もがこの問題で悩んでいるのが

理解できる。

 

関係が近ければ近いほど、お互いの境界線はきちんと引かなければならない。

 

子供が一緒に行きたがっている。

義姉に誘われる。

 

相手のリクエストを叶えてあげたいという気持ちも分かる。

 

しかし、自分の気持ちはどうなのか。

 

一番大切なのは自分の気持ち。

 

境界線をきちんと引かないから

自分がどんどん辛くなる。

 

f:id:sydney_emma:20190424191613j:plain

 

一度引いた線は守る。

消されたら引き直す。

決して一歩下がって書き直さない。

 

自分の領域は守る。

 

譲れない事は譲らないと決めよう。