エマとシドニー

ポジティブに、ストレスフリーな生活を目標としているブログ

子供が寝ない。もう解決策はこれしかなかった。

 

私の人生で一番のストレス、それは寝れないこと、だった。

あの時期は、睡眠が取れず、生命の危機を感じるほどだった。

 

それは息子が寝ないことから始まった。

 

  • 赤ちゃんは3〜4時間ごとに起きます。
  • 3ヶ月を過ぎる頃には、間隔は広がってきて、1歳になる頃には一晩寝れるようになります。
  • 断乳したら夜中起きなくなります。
  • 遅い子でも3歳には朝まで寝れるようになります。

 

こんなの、なんの参考にもならなかった。うちの息子は何一つ当てはまらなかったからね。

 

1歳までは、夜中平均10回は起き、その後8回、6回、4回と少しずつ減ってきて、最終的に一晩寝られる様になったのは、息子が5歳になる頃だった。

 

人間は1〜2時間ごとに起こされると、何回寝ても、疲れが取れない。

 

本やネットに書いてあることは全て試した。試したのに、何も変わらない。

どう頑張っても、息子を寝かせることが出来なかった。

 

f:id:sydney_emma:20190622204347j:plain

 

息子が6ヶ月の頃、もう息子を寝かすことを諦め、

 

自分がどうしたら寝られるか考え始めた。

 

変えられないこの状況の中で、どうしたら快適に少しでも多くの時間、寝られるか。

 

相手を変えることは出来ないが、自分を変えることなら出来る。そんな当たり前のことを0歳児に教わった。

 

赤ちゃんだもんね。話は通じないし、こちらの思いを汲んでもくれない。だからわりと早い段階で、気付けた。6ヶ月もかかったけどね。

 

それからは、子供が寝ないという悩みはなくなった。

 

子供が寝ない事をストレスと感じるのをやめ、子供が寝ないなら、自分がどうやったら寝られるか、という事だけに意識を向けられるようになった。

 

私の場合、誰かに頼んで寝る時間を確保するのは無理だったので、睡眠自体の質の向上と、子供の就寝時間を早める事の2つに絞った。

 

吹っ切れたという言い方の方がしっくりくるかな。うちの息子は寝ない生物だと割り切って、快適な睡眠をとることだけを目標に、試行錯誤していった。

 

f:id:sydney_emma:20190507155907j:plain


そして9歳になった今

 

相変わらず息子は、寝るのは嫌いらしく、毎晩8時に寝て朝5時に勝手に起きる。(夜は8時に、強制的に寝かせている)

 

何でそんなに朝早く起きるのか、なぜ寝るのが嫌いなのか息子に聞いてみたところ

 

  • 寝ている間に、何か大切な事を見逃すと嫌だからずっと起きていたい。
  • 毎朝、今日はどんな楽しい事をしようかと、楽しみでしかたない。
  • そんな今日が待っているに、寝ている訳にはいかない。
  • できれば3時に起きたい(私が許可していないので、起きていないが)
  • 朝は誰にも邪魔されずに好きなことが出来るから、この時間は誰にも譲れない。

 

うちの息子は0歳にして、自分の意見をしっかり持ち、あえて寝ていなかった(笑)

 

もう、そう考えるしかないよね、この結果を見たら。9歳でこの思考、大人でもなかなかできない。しかも朝活までしてるし。なんだこの子供。

 

 

そんな息子を変えようとしていたなんてね。無謀だったね、昔の自分。

 

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ

www.sydney-emma.com