エマとシドニー

ポジティブに、ストレスフリーな生活を目標としているブログ

個性的な人を羨ましいと思う

女の子のお母さんから、たまに言われるのが、

 

「〇〇くん(息子の名前)のお母さんですか?実は、ウチの娘が〇〇くんの話を、家でよくしてくれるんです。今日は〇〇くん、こんな事を言ってたよ〜、とか、こんな事してたよ〜。とか今日は泣いてたよ〜、とか、いろいろ報告してくれるんです。」

 

学校で泣いてるのかよ・・・

 

これは、今に始まったことじゃない。日本でも言われてたし、オーストラリアに引っ越してきてからも言われた。

 

そのお母さん方と私は、だいたい面識がないので、いつも返答に困る。

 

「あ、そうなんですか・・・。うちの子を気にかけてくれて、嬉しいです。」

 

毎回、こんな反応しかできない。笑

 

嬉しいって、何が自分でも嬉しいのか、わからない。気にかけているわけじゃないと思うけど、なんて言っていいかわからないので、いつもこんな感じで済ませている。

 

 

f:id:sydney_emma:20190427151835j:plain

うちの子が変人だから、目立っているんだろうな、きっと。

 

うちの息子は、よく言えばユニーク、個性的で、悪く言えば、我が強く、変人。

 

学校や、習い事の先生からは、

 

「〇〇くんは(息子)・・・そうですね・・・とっても・・・個性的な子供だと思います。」と、だいたいの確率で言われる。2歳くらいからずっと。

 

たぶん、めんどくさい子供なんだと思う。我が強くて、集団生活には向いていないから。

 

一応、私の前では、みんな気を使ってくれて、個性的と言ってくれる。

 

私は、十分にその事を理解しているので、本当にありがたいと思っている。

 

で、ある時やっぱり同じように、女の子のお母さんに声をかけられた時に言われたのが、

 

うちの娘は〇〇くんが羨ましいんだと思います。自分と全然違うから。で、目が離せなくなっちゃう。

 

女の子って空気読むし、ませているし、ちゃんとしなきゃって思っちゃうから、自分の感情は基本出さない。

 

友達にヘンって思われたくない、っていう感情の方が強いから、本当は好きでもないのに、好きって言って、みんなと同じ意見に合わせる、みたいな。

 

自分の感情を常に出せている〇〇くんが、羨ましいんだと思います。

 

なるほどね〜。

 

うちの娘も、学校では良い子にしているらしい。人前でもおとなしい。私はシャイだから〜、っていつも言っている。家では全然違うけどねぇ!!!

 

でも息子は、どこに行っても、誰と会っても、絶対に自分を貫く。

というか、自分出しすぎ。

 

 

それが、ほとんどの子には、ヘンな子って思うけど、一部の子にとっては、羨ましいって思うらしい。

 

 

自分を消さなくちゃいけないだなんて、生きづらい世の中だよね

大人になるにつれて、自分を消していかなくちゃ、社会に馴染めない。逆に自分を出しすぎると、はじかれる世の中。

 

度合いの差はあるが、世界中どこでも一緒なんだな、と思う。

 

実はオーストラリアに引っ越したら、うちの息子も、普通の子の部類に入るのかな、ってちょっと思ってたけど、オーストラリアに来ても、やっぱり宇宙人だった。

 

(でも、日本よりも受け口が広いのは実感する。学校のシステムも周りの大人達も、日本だとネガティブと思われる所も、ポジティブにとらえてくれるし。)

 

息子がいつまで、自分を出し続けられるのか、気になるところ。

 

でも確実に大人になるにつれて、生きづらくなっていくのもまた現実。

 

でも一生、変わらずに自分を貫いてほしいし、全力でそれを応援したいと、私は思っている。

 

たぶん、私が一番羨ましい、って思っているんだろうね、息子のことを。

 

 

 

 

こちらもどうぞ

www.sydney-emma.com