エマとシドニー

ポジティブに、ストレスフリーな生活を目標としているブログ

子供にイライラするのは当たり前。でも怒るかどうかは、自分で決められます。

 

f:id:sydney_emma:20190705222520j:plain

本当は怒りたくなんてないし、優しいママでいたいんだよ。

 

子供の特技って、親を怒らせることなのか?!って思うくらい、怒られることするよね。

 

親を怒らす天才なの? それとも嫌がらせ? わざと? なんなのこれ?!

 

うちの子供の場合は、兄弟ゲンカ。

 

ほぼ、学校帰りの車の中で事件は起きる。しかも理由は、超くだらない。

 

もうさ、100万回くらい言っていると思うんだよね。

 

ケンカするのやめなさい、って。

 

そんで、100万回くらい、私に注意される、もしくは怒られるという経験を、子供たちもしていると思うんだよね。

 

それでも毎日始まるからね。凄いよね、ある意味。全然、学習能力ないよね。(でも実は、すごく仲も良い。そこも不思議。)

 

子供たちが、私の「怒りのボタン」を押すんですよ。連打するんですよ、毎日毎日。

 

本当は怒りたくないんだよ、私だって。

 

でも、私が一番怒りたくないって思っているのに、私が一番怒っているという事実。笑

 

矛盾だらけですよ、はい。

 

だったら、怒らないって決める。

 

だからそんな時は、10秒数える。

 

だいたい5秒くらいで怒りも収まります。

 

超基本。

 

基本すぎて、ブログに書いて良いか迷うぐらい基本。

 

でも、実際にやってる人って少ないでしょ?笑

 

結構効果ありますよ、ホント。

 

こんなにも私を、毎回毎回、怒らせてくてる子供。

 

自分が怒る理由を、

 

子供が私を怒らす。と理由付ける。

 

別に怒らなくても、良いんだよね。怒りたくなかったら。笑

 

普通に生きていれば、腹が立つことなんてしょっちゅうある。

 

それで、実際にイライラしたり、怒ったり、怒りを撒き散らしたりするのって、

 

自分が怒るって、選択しているってことなんだよね。

 

大声で怒鳴ることもできるけど、10秒数えて、怒りを抑えて注意することだってできるし、他人の子供に接するように、やさしいお母さんで接することだってできる。

 

怒るのも、冷静になるのも、優しくなるのも、

 

全部自分で選べるよ。