エマとシドニー

ポジティブに、ストレスフリーな生活を目標としているブログ

2019年超実写版『ライオンキング』を見た感想(ビヨンセについても書いてます)

f:id:sydney_emma:20190725205343j:plain


日本では、8月9日(金)に公開されるみたいですね。

 

ここ、オーストラリアでは、先週『ライオンキング』が公開されたので、みなさんより一足先に観に行って来ましたよ。

 

少し、ライオンキングの感想を書いています。

www.sydney-emma.com

 

『ライオンキング』を 観たというと、数人の人に、

 

ビヨンセどうだった?

 

と聞かれたので、もしかしたら。ビヨンセが気になる人もいるのかな。と思い映画の感想を書いてみることにしました。

 

『ライオンキング』はあまりにも有名な作品なので、あらすじは省略して、感想だけを述べたいと思います。

 

映像と音楽

映像はですね、本物と区別がつきませんよ。これ全部CGなんですよね?と目を疑います。

 

動物が演技をする訳がないので、

 

ああ、これは全部作り物なんだ。と思い出すことが出来るけど、

 

動物が走っているところや、鳥が飛んでいるところ、木、水、空、岩などの風景描写が完璧。

 

絶対に見分けがつかない

 

ここだけアフリカのサバンナで撮影しました。って言ってくれた方が逆に、納得するよ。

 

思ったけど、こういうの観て育った子供達って、動物も話せるって思っちゃうんじゃない?

 

リアルすぎて、動物は話すものだ。と子供が、勘違いしそうだと思うのは私だけ??

 

そして音楽もね、もう素晴らしい以外に、言いようがないね。

 

ドラマチックよ。一言でいうと。サウンドトラック買っちゃう?って感じだね。

 

物語とも、映像とも完璧にマッチしていて、文句なしです。映像に奥行きが出る感じ。

 

スクリーンから、音楽も動物も飛び出してくる感じ。平面が立体になるって言えばいいのか?音楽がスクリーンから出てくるのよ。

 

映像も音楽も、これを作った人たちって、何者?天才?

 

役者

私は、ムファサ(シンバのお父さん)にやられました。イチコロですよ。

 

あー、でもスカー(悪いライオン)もいいなー。いつの時代も、悪い男に惹かれるのが女の性ですよ。笑

 

なんの話をしているんだか・・・

 

ムファサの威厳はもうね、キングですよ。これ、ムファサが主役でもいいんじゃないの?というくらい、私はムファサに魅了されましたよ。

 

あー、でも、スカーもいいなー。

 

あんなライオンになっちゃうだなんて、どんな人生をスカーは今まで、歩んできたのか。気になるわ。

 

映画が終わった後は、この2匹しか、印象に残らない。ホント俳優さんたち、いい仕事してますよ。

 

プンバァとティモンも最高に良いコンビで、ベストキャストなのではないでしょうか。

 

ただね、ハイエナ達があまり面白くなかった。

 

原作ではもっと面白おかしい感じなんだけど、ちょっとシリアスすぎる気がした。

 

映画全体が、ドラマチックに作られている感じ。

 

コメディー的な面白さは、アニメーションと比べるとあまりないです。

 

プンバァとティモンの掛け合いは、相変わらず面白いですよ。

 

いつでも、リメイク版はオリジナルと比較の対象になってしまうから、そこは難しいところですね。

 

ビヨンセについての感想

 

ビヨンセのファンの方は、ここでページを閉じて下さい。

 

これから書くことは、あくまでも、私個人の感想です。

 

感じ方は人それぞれなのでね。読みたくない方は、ぜひページを閉じて下さいね。

 

ちなみに私はビヨンセ大好きです。同年代でもあるので、ビヨンセを聞いて青春を過ごしましたからね。

 

率直な感想は、

 

この映画は、別にビヨンセがいなくても、いいんじゃないか?

 

ただの話題作りか?

 

むしろ、もうちょっと演技が上手な人がやって欲しかったな〜。とも思ってしまいました。

 

あー、ごめんなさい。炎上はしたくないです。炎上したら、すぐ削除しますので。

 

でも、一つ言えることは、ビヨンセの前回の映画『ドリームガール』の演技と比べると、良いです。これだけは、言えます。

 

『ドリームガール』観たときのあの残念感。なんでビヨンセ出てるの?

 

という感じは、今回はありません!

 

でもやっぱり、ビヨンセじゃなくても、よくない?とも思ってしまう。

 

やっぱり、ビヨンセのイメージが抜けない。ナラとビヨンセのキャラクターが違いすぎて、違和感を感じる。

 

ビヨンセが強すぎて、ビヨンセがライオンの声を吹き替えしてる。って、どうしても思っちゃって、物語に集中できない。

 

ビヨンセが吹き替えするより、エンディング曲を歌う。っていう方が、

 

最後にガツンとパワフルなあの歌声で締めくくる。っていうのが、良いと思うんだけどな。

 

今日は少々辛口になってしまいましたが、これが、私の感想です。

 

私の感想と、あなたの感想は、違うのが当たり前です。

 

なので、ぜひ、『ライオンキング』公開したら観に行ってみて下さい。

 

ちなみに、吹き替え版で観たら、私の感想は全く参考にもなりませんね。笑

 

でも映像と音楽は素晴らしいです。もちろんストーリーも最高です。

 

映画全体の感想は、良い!観て後悔はないです。なので、観に行きましょう!

 

そしてこの夏は、『ライオンキング』を観て、みんなで泣きましょう!

 

 

私が泣いた所はこのシーンです↓

www.sydney-emma.com